膣を縮小してゆるみをなおしたい…そんなデリケートな悩みを解決!

医者の画像「出産後に膣がゆるくなった」「パートナーにゆるいと指摘された」…など、膣の“ゆるみ”に悩む女性は少なくありません。でも、デリケートな部分だけになかなか相談もできず、治すにも自分にはどんな方法が合っているかわからない女性もいるのではないでしょうか。

このサイトでは、そんなデリケートな悩みを解決するために、縮小手術の内容トレーニング法失敗のないクリニックの選び方などをじっくり紹介します。

また、私が厳選した婦人科整形クリニックを各ページで詳しく紹介。さらに、そこからセレクトした5つのクリニックを比較し、結果を一覧にしてみました。ぜひ参考にしてください。誰にも言えなかった悩みをすっきり解消しましょう。

聞きたいけど聞けなかった…膣って縮小できるの?

膣の締まりを取り戻すことはできるのでしょうか?

早い段階ならトレーニングでそれは可能です。骨盤底筋を鍛える体操や肛門括約筋を締めるトレーニング等が効果的です。

最近、膣のゆるみを気にする女性が増えてきているのか、“膣トレーニング”などがメディアで紹介されることも…。これまでは言葉にすることさえはばかれたデリケートな悩みも、ボディケアの一つとして注目されはじめているようです。

症状が重度であったり、早急に何とかしたい場合は、専門のクリニックでの手術をおすすめします。膣の中の粘膜を切り取り、肛門括約筋を縮めるのが「膣縮小手術」です。手術に抵抗がある場合は、ヒアルロン酸を使った治療も選べますが、効果が長続きしないというデメリットもあります。

膣の縮小術は子宮に近いため、高度な技術が求められます。そのため、ぜひおすすめしたいのは女性器整形の専門クリニックです。症例が多いところは様々な治療法を提案してくれるうえ、痛みへのケアも万全です

さらに、女性のドクターがカウンセリングから全て担当し、待合室に仕切りがあるなど、安心感やプライバシーへも最大限配慮してくれます

膣の締まりをよくすることは、男性に快感をもたらすだけではなく、女性にとっても性感アップにつながり、尿漏れをしにくくなることにつながります。

例えばフランスでは、女性たちがあたりまえに膣トレーニングをし、自分自身の感じる力を高めようと努力をしています。女性として自分の身体に自信をもち、充実した生活を送るために、膣のケアはとても大切なんですね。

多くのクリニックでは、無料のメール相談窓口を設けています。まずは抱えている悩みを、信頼できそうなクリニックに相談してみましょう。

膣はなぜゆるむの?まずは原因を知ろう

そもそも、なぜ膣はゆるむのでしょう?

膣のゆるみの原因は、腹筋や骨盤のまわりの筋肉が衰えるからだそうです。出産時に伸びた膣がうまく収縮しなかった場合、肥満や老化、胃下垂の影響で骨盤まわりの筋肉が弱まった場合などです。ほかにも、もともと生まれたときから膣が大きい場合もあります。

膣のゆるみはパートナーの不満につながるだけでなく、女性の身体に良くない影響を及ぼす場合もあります。骨盤底筋の衰えは、周辺の血行にも悪影響で、姿勢が悪くなりがちです。そのため、女性ホルモンが減少して性感を感じにくくなったり、尿漏れを引き起こしたり、お尻がたれ下がることも。スタイルへの影響も大きいんです。産後の女性の中には、「臓器脱」と呼ばれる膣口から骨盤臓器が出てくる病気にかかる人もいます。

自分自身の健康のために、ぜひこのサイトで正しい膣縮小の知識を得て、あなたに合ったケアを見つてくださいね。